プロペシア通販

プロペシア通販/育毛効果が期待できるプロペシア

エフぺシア(プロペシアジェネリック)のご紹介

 

エフぺシアを注文してみますと、こんな感じの箱で届きます。

 

エフぺシア エフぺシア

 

かなり薬自体の小ささにびっくりします。これで100錠も入っているのかなと言う印象です

 

エフぺシア

 

手の大きさを考えても、かなり小さい事が推測できるお思います。中身を見てみますと。

 

エフぺシア

 

かなり1錠の大きさは小さくて、間違いなく100錠入っていました。箱もとてもきれいで、エフぺシア自体もかなりしっかりした箱になっていました。

 

これを毎日1錠づつ飲んでいけば、半年後には変化が期待できると思うと胸がわくわくしていきます。

 

言い忘れましたが、送られてきた箱には一切薬の名前などありませんでしたので。安心です。

 

エフぺシアの場合には、かなり小さい箱ですので、100錠そのまま鞄に入れておいても全く邪魔にならない程度ですので、持ち運びにはとても便利です。

 

実際に私が飲んで見た印象としまして、かなり小さい錠剤ですので、簡単に飲むとができますし、何か他の薬を常用している方でも全く問題ありません。

 

会社名もしっかりシプラと書いてありましたので、間違いの無い商品でした。

 

プロペシアと併用すると効果が高いミノキシジル

 

実は今回、エフぺシアと同時にミノキシジルのジェネリックも一緒に注文をいたしました。

 

エフぺシアは男性ホルモンに働きか出て、育毛サイクルを元に戻す効果がありますが、これに併用して、塗り薬のミノキシジルを使用しますとかなり育毛効果が高い事が、欧米の研究で分かっています。

 

ミノキシジルと言いますと日本ではリアップが有名ですが、何せ値段が高価でしたので、とても続ける事はできませんので、ジェネリックのツゲインを購入しました。

 

ツゲインは、2%、5%、10%ととミノキシジルの配合量の違いがありますが、やはり人気なのは安全で効果が高いと言われている。
ツゲイン5%,60ml 2本パック】⇒⇒ 5,880円(1本あたり2,940円)です。←この買い方が一番安い

 

1本2940円でかえますので、リアップX5が7400円ですので、約3分の一の値段で買うことができます。

 

ツゲイン

 

上の箱がツゲインが2箱入った箱で、下の箱がエフぺシアの箱になります。

 

箱の中身はかこんな感じで入っていました。

 

ツゲイン

 

それなりの大きさの商品になります。エフぺシアの関心した点は、箱の開け口に全て、特殊テープが張ってあり、途中で開ける事が出来ない仕組みになっています。

 

ツゲイン

 

良く分かりずらいかもしれませんが、光る特殊テープで止めてありますのでとても安心です。

 

ツゲインの中身はこんな感じで入っています。

 

ツゲイン

 

ツゲインの使用方法
ツゲインの安全キャップを外す。
ツゲインのボトルを両手で押して、入り口の淵近くまでツゲインを出す。
添付のスポイトで、ボトルの頭に溜まったツゲインを吸い込むと丁度1mgになる。
後は、必要な場所にツゲインをスポイトを利用して直接塗る。

 

 

ツゲイン(ミノキシジル)には、経口タイプのものもありますが、経口タイプですと全身に効果がでてしまいまうので、ムダ毛が出てくる可能性があります。
また、ミノキシジルを分解するのに、肝臓に負担も掛けますので、ミノキシジルに関しては塗る薬をお勧めします。

 

2%ですと少し効果がありませんから、5%が一番のおすすめです。

 

ツゲインは、一日朝晩の2回1mgを患部に塗る事で効果が期待できます。

 

プロペシアとED治療薬の併用

 

プロペシアが必要な時期になりますと、丁度EDの症状も出てくる場合がおいようです。

 

毛が抜ける、、性的な力が弱くなる。。。。

 

このような悩みを持った男性が最初に気にするのは、やはり薬の併用による問題です。

 

どちらも効果のある薬ですので使用したいのですが、同時に使用した場合に体に何か副作用が出ないかどうかちう事です。

 

結論からいますと、プロペシアとED治療薬の併用は全く問題ありません。

 

プロぺシアの効果は、男性ホルモンに影響を与えて、育毛サイクルを正常にする事で細かった産毛を太い毛に変化させる事で育毛効果を発揮しています。(厳密に言いますと、髪の毛が増えるのではなく元々委縮して見えなくなってしまった毛を元の状態に戻す事で育毛効果を得ています)

 

一方、ED治療薬は、海綿体に血液を送るシステムの改善を目的としていて、血行を良く擦り事でEDの治療を行っています。

 

どちらの薬にも共通した作用が全くありませんので、バッティングする事もなく併用しても全く問題ありません。

 

通常併用する事で、問題がある場合には同じような作用を持った薬を併用する事で、相互さようが働いて危険な状態になって行きます。

 

ただ、育毛剤の中のミノキシジルは、ED治療薬と同じ効果で育毛を実現していますので、ミノキシジルを使用する場合には注意が必要です。

 

特に、ミノキシジルの服用タイプは体全体に作用が働きますので、注意をしてください。

 

プロペシア通販(プロペシアのご紹介)

 

プロペシア通販では育毛効果のあるプロペシアやプロペシアジェネリックについて詳しくご紹介をしています。

 

日本では、皮膚科などでプロペシアを処方してもらえますが、一錠で300円程になりますのでとても高額が薬になります。

 

プロぺシアは基本的には、一度飲み始めたらずっと飲んでいませんと効果が無くなる薬です。飲み始めて、約6ヶ月ぐらいで効果が現れてくるのが一般的です。

 

初期に、今までの弱い毛を抜いてしまう脱毛反応が現れますが、これは効いている証拠で心配ありません。

 

プロペシアは個人輸入でも人気のAGA治療薬で、お医者さんで購入するよりは安いのですが、それでも1箱28錠だけで購入しますと8180円程しますので、1錠300円近くになってしまいます。

 

もちろん個人輸入の場合には数を増やすことで、大きな値引きが発生しますので、1錠で250円ぐらいまで落とすことが可能です。

 

ですが、1錠250円はそんなに安い買い物とは言えません。

 

そこでプロぺシア通販では今一番人気のプロペシアジェネリックをご紹介します。

 

つい最近まではフィンペシアと言う薬がプロペシアのジェネリックでは、一番人気の商品だったのですが、最近になりキノンイエローと言うコート剤が発がん性がある事が分かり、フィンペシアがこのコート剤を使用しているために、エフペシアに移行する人が急激に増えています。

 

海外では、このキノンイエローは発がん性のある添加物と指定されていませんが、日本では食品には許可されていない添加物になります。

 

エフぺシアは、プロペシアのジェネリックで売れていたフィンペシアと同じインドの製薬会社シプラ(Cipla )が製造しています。

 

名前が違うだけで、製造メーカー、1箱の入数(100錠)、有効成分Finasteride(フィナステライド)1mg とキノンイエローがコート剤に使われていない事以外は全て同じです。

 

フィンぺシアが先に発売されて、プロペシアのジェネリックして有名になって今でも発売が継続されているのは、日本などの一部の国以外では、キノンイエローを有害であるなどとは言っていないので、やはり全国的に見ますと、フィンペシアが売れています。

 

ですが、日本など一部の国で、コート済のキノンイエローが有害であるとしている事に対して、プロペシアのジェネリックを販売するにあたり、エフぺシアが作られました。

 

また、ありがたいことにこの2つの薬の値段を比べて見ますと、

 

【フィンペシア1mg 100錠 x 1箱】⇒⇒ 4780円 (1ヶ月のコスト 1448円)
【フィンペシア1mg 100錠 x 3箱】⇒⇒ 8980円 (1ヶ月のコスト 907円)
【フィンペシア1mg 100錠 x 5箱】⇒⇒12780円 (1ヶ月のコスト 825円)

 

【エフペシア(F-Pecia)1mg 100錠 x 1箱】⇒⇒ 4,580円 (1ヶ月のコスト 1388円)
【エフペシア(F-Pecia)1mg 100錠 x 3箱】⇒⇒ 8380円 (1ヶ月のコスト 846円)
【エフペシア(F-Pecia)1mg 100錠 x 5箱】⇒⇒ 12280円 (1ヶ月のコスト 792円)

 

圧倒的に、エフぺシアが安いのです。

 

害が無くて、同じ効果で安いのでしたらもう迷う余地は全くありません。

 

高価なプロペシアを続けていくことが大変なのでしたら、間違いなくエフペシアをお勧めします。

 

チャップアップ(CHAPUP)

 

プロペシアは、処方箋のいる薬ですので、何となく使用するのに迷っている方にお勧めの育毛剤のご紹介です。

 

今まで、いろんな育毛成分の入った育毛剤が沢山ありましたが、実際に効き目のある育毛剤は存在しませんでした。
ですが最近発売されたチャップアップ(CHAPUP)はかなりの育毛効果が期待できるようです。

 

薬ではありませんので、プロペシアに比べると若干育毛効果が劣るかもしれませんが、体にはかなり安全です。

 

50種類の育毛成分配合で、厚生労働省認可の育毛剤です。

 

興味のある方は下記から詳細をご覧ください。↓↓↓

 

育毛剤

 

プロペシアの効果

 

プロペシアを服用してもなかなか効果が出ない人がいます。

 

プロペシアはかなりの確率で、薄毛を元に戻してくれる効果があるのですが、必ず効くとは言い切れません。

 

ごく少数の人の間では効き目が全く無かったなどの報告も上がっています。

 

ですが、だいたいの場合にはプロペシアの効果が現れる前に諦めてしまう人が多いようです。

 

プロペアを服用し始めますと、男性ホルモンに作用して育毛サイクルが狂っていた状態を一度リセットして正常な状態に戻す働きがありますので、最初の内は髪の毛が抜ける事があります。

 

この時点で、髪の毛が抜けてしまってもうやめたとプロペシアの服用を止めてしまう方が大勢います。

 

この抜け毛はプロペシアの効果が出ている証拠で、その後産毛になってしまった髪の毛が太くしっかりとした状態で生えてくるようになります。

 

遅い人ですと、この状態になるまでに軽く半年は掛かってしまいます。

 

ですので、半年たった時点で何となく効果が現れてくるような状況ですので、このプロペシアの効果を実感するまでの時間を待てないのです。

 

プロペシアのこのような効果を良く理解せずに服用をしていますと、なかなか効果ので無いダメな薬たと思ってしまうのです。

 

尚、前の記事でも書きましたが、ミノキシジルを併用する事で育毛の速さが違ってきますので、プロペシアを使用する人は必ずミノキシジルを併用する事をお勧め致します。

 

効果が出る前に諦めてしまう人が多いようですので、最低1年は服用するつもりでプロペシアを始めるようにしましょう!

 

プロペシアと相性のいいミノキシジルの注意点

 

育毛を専門で行っている何処の病院に行っても必ず進められるのが、プロペシアとミノキシジルの併用です。

 

プロペシアは男性ホルモンに影響を与えて、育毛サイクルを正常にする事で今まで産毛になってしまっていた髪の毛を太く長い若い時の状態に戻してくれます。

 

ミノキシジルはプロペシアと違って発毛効果がある事が分かっています。新たな毛が現れるわけです。

 

この2点を使用する事で、今まであった髪の毛を全て太く長い毛に変えながら、更に新しい毛を増やすと言う2段構えでの治療になります。

 

この治療方法はかなりの成功率があり、多くの方は最悪でも今以上に禿げない程度には改善をされています。

 

注意しなければいけない点は、ミノキシジルには塗り薬と飲み薬の2つが存在します。

 

塗り薬はいちいち塗る行為をした後に手を洗うなど面倒があるので、ついつい簡単な飲み薬で済ましてしまいたいところなのですが、ミノキシジルの作用が血管拡張作用ですので、血圧の薬やED治療薬と作用が重なってしまう事があります。

 

最悪の場合には、急激な血圧の低下も考えられますので、注意が必要です。

 

当サイトでは、ミノキシジルに関しては、上記のような治療薬を服用している方は、塗り薬を使用する事をお勧めしています。

 

プロペシアの服用期間

 

プロペシアを服用していて間違った知識でいる方が大勢います。

 

プロペシアで育毛が進んで、お気にいりの状態になったらそこでもうプロペシアを服用しなくていいと思っている人が多いようです。

 

プロペシアは病気を改善するお薬ではありませんので、治療が終わったら止めてもいい薬にはなりません。

 

男性ホルモンの異常で、育毛サイクルに変化が起きてしまいなかなか腰のある太い髪の毛が出なくなった人はそれ以降はその状態を戻す事はできません。

 

ですが、プロペシアを服用する事でこの異常になってしまった育毛サイクルを自然に戻す事で育毛したかのように見えているのです。

 

ですので、プロペシアの服用を中止したその時から元に状態に向かって髪の毛は戻ってしまいます。

 

つまりプロペシアは髪の毛がもういらないと思う時までは、飲み続けないと効果が持続しません。

 

何となくずっと薬を服用し続けるのは抵抗がある人も多いと思いますが、実際には、血圧の薬、糖尿病の薬、成人病の薬などは、一度服用を始めたら一生飲み続けるのが普通です。

 

この事を念頭に入れて頂ければ、何もプロペシアだけが、体に悪いだけでなく健康を保つために服用しなければいけない薬はたくさんあります。

 

そのような感覚でプロペシアを服用して頂く事で、安心して服用を続ける気になるのではないでしょうか。

 

また、蛇足になりますがプロペシアは前立腺肥大の薬として作られた薬ですので、前立腺肥大にも効果があります。

 

ほとんどの男性が、年齢トともに前立腺肥大になりますので、この薬を服用する事で前立腺肥大も抑えられると言う副効果もあります。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ